So-net無料ブログ作成
日々思うところ ブログトップ
前の10件 | -

Never End Journey [日々思うところ]

京都発の各駅停車に飛び乗った。汽車に揺られながら、根拠のない妄想を抱いてた。

東寺手前の急カーブで加速された列車は、南へ下りだした。宇治川を越えたあたりから、田園風景が増えてきた。高い建物はなく、雑然とした地方都市が広がってきた。

木津川を超えて、いよいよ奈良に近づいた。そのとき、停車駅が唐突に現れた。多くの学生が汽車から降りて、私も後を追うように下車した。なにもない街に、人が溢れていた。

親たちが山を切り開いた、未成年たちの都市は、モラトリアムで溢れていた。

我々は、自由と快楽を引き換えに、多くのものを失った。あの時、時間はいくらでもあると信じていた。しかし、なんてことはない。ノー天気で、危機感のない未満シティで、多くの時間を浪費しただけだった。簡単に、青春と若さを失ってしまった。

厳しい身体試験を経て、その後に控える、厳しい強制労働の猶予期間だった。

一見良識があるけど、実際はサルのようにイカれた若者たちばかりだ。皆、奇声を上げながら暴動を起こしていた。セックス、ギャンブル、バイオレンス。あらんばかりの悪事が、街に満ち満ちていた。度胸のない私は、部屋に引きこもって、来る日も来る日も読書ばかりしていた。

生存競争力を失った私は、小学校で受け取った切符を今更持ち出したのだ。約束された未来は、印字がにじんでいた。目的地は、消されていた。

社会への適合の過程で、社会の歯車から弾き飛ばされた私は、必死で車輪にしがみ付いていた。汽車に乗っかっていれば、すばらしい旅にいけると勘違いしていた。

私は、途中下車した駅で、汽車に乗り違えた。

・・・気がついた。

私は、酔っ払って、四条河原町のビルの片隅に座り込んでいた。気持ち悪くて立ち上がれなかった。道行く人は多かったが、やけに世界が暗黒に満ちていたことが、印象に残っている。

私は、うつむいた。決して終わることはないのだ。

voyager [日々思うところ]

旅はいつ始まったのでしょうか?

人生の3分の1が終わった。もっとも輝かしい3分の1が終わってしまった。

すでに、太陽系の重力圏から離れてしまった。もはや地球はどうしようもない。時々届く通信によってしか、知る由も無い。

ここからは、ラジオアイソトープが尽きるまで、探査という名の放浪がつづく。

目的地イコール、行けるとこまで。つまりイコール・・・。

私は、在り続ける限り、在り続けなければならない。在り続けることしか、意味がない。もし、在り続けることすら意味が無いとしたら?

さっき届いた通信も、かなり昔に発信されたものだった。私が「発信」しても、あちらでは時代遅れになってしまう。距離が遠すぎれば、心も通じない。

無味乾燥な生活の中で、自らの存在価値は、自ら考えるものなのかもしれない。

しかし、もはや時代遅れで、時期遅れの私に、いったい何ができるのだろうか?

・・・決心した。

次の小惑星にぶつけて、自沈するしかない。「失敗」すれば、しばらく暗闇が続くだろう。

松任谷由実 - VOYAGER〜日付のない墓標 http://www.youtube.com/watch?v=frCddflvkJw

銀河鉄道は遠く [日々思うところ]

GOING STEADY - 銀河鉄道の夜http://youtu.be/bEbs3rlecrQ


ハロー、マイ・フレンズ・・・・

やけにクルマの多い、どうしようもなく不毛なこの街は、まったくもって退屈である。今年は、忙殺されてしまっていて、シーズン終盤のフローターフィッシングにも行けずにいる。一昨年、否、3年前に行った信州・梓川釣行も絶望的である。

春は、琵琶湖でまずまずのサイズのブラックを釣り上げたけど、物凄い怪魚というわけでもない。

2007年の写真フォルダを眺めていると、西別川のサクラ鱒を発見した。そう、サケと勘違いしていた魚は、サクラ鱒だったのだ。

sakuramasu.JPG

GWのイトウ釣行は、朱鞠内湖の凍結によって阻まれた。お盆の時期は、気温の上昇によって、イトウは絶望的なわけである。でも、心のバウは北に向いている。なんでもいい。カラフト鱒でも、虹鱒でもいい。ヒグマに遭遇してもいいから、釣りに行きたい。

銀河鉄道に乗って、どこまでも行きたい。この生活を投げ捨てても良いから、「ここ以外のところなら何処へでも行きたい」。

銀河鉄道は、死後の世界なのかもしれない。でも、夢が叶うなら、死後の世界でもなんでもいい。

THE ALFEE、Brave Love~Galaxy Express 999(Re-mix)

太陽を盗めなかった男 [日々思うところ]


太陽を盗んだ男その01

私は、街全体が牢獄になったような感覚に襲われた。

牢獄は、私を中心に同心円状に広がり、空まで多い被さった。曇りがかった空は、光すら漏れてこない。

学生時代からの相変わらずのこの街で、私の人生は決められていく。「いやいや、それは俺じゃないよ。」といっても無駄で、焼き付けられた烙印は消せない。失った時間と、費やした資金は、結果として無駄同然だった。

相変わらずで、どうしようもない。やけにクルマばかり走っている田舎町。

すべてを破壊したい衝動に駆られながらも、抜け出すことでしか抵抗できない。

それはわかっている。逃げ出した先が、また牢獄になり、私を追い詰める。答えが出ていないのだから、結局は堂々巡りに陥るのだ。

だけど、北海道に釣りに行こうと思う。朱鞠内湖の巨大なイトウと対峙したいと思う。

ひたすら現実逃避したい。それから考えたい。

これは、単なる暇つぶし。どうしようもなくダメな男の敗走に過ぎないのだけれども・・・。

『僕と彼女と週末に』 [日々思うところ]


『僕と彼女と週末に 』 櫻井和寿
http://www.youtube.com/watch?v=U0lt-VUtrMU

小さい頃、ゴジラ映画が好きだった。放射能を含む科学全般に興味があった。

ゴジラは娯楽映画かもしれない。しかし、ゴジラという原子炉が暴れる世界観は、この現実と変わりない。

そして、今、ゴジラと戦っている人がいる。それが現実。

劇中、「本当の怪獣はそれを作った人間です。」というセリフがあった。我々は、いつから怪獣になってしまったのだろうか・・・。

ただ、人間は、絶望の中ですら、希望を持つことができる。それも現実。

誰かを大切にしたいという思いこそ、我々が人間でいられる証だと思う。

試験 [日々思うところ]

試験会場に座った私は、問題を見てやる気を失った。

私が事前に勉強した分野は出題されず、単純な反復作業が要求された。半分も解かないうちに、私は飽きてしまった。私は、鉛筆の頭に、「A、B、C、D、E、F」と書き込み、鉛筆を転がした。

転がった鉛筆は机から落ちて、はるか遠くへ転がってしまった。

隣では、女が消しゴムのカバーに書いたカンニングペーパーを、解答用紙に必死に写していた。

私は、鉛筆を拾うまでもなく、会場を後にした。後日、試験に受かったと聞かされた。

また、明日から生きていかなければならない。


同窓会と圧縮された記憶 [日々思うところ]


高校3年の同窓会があった。完全に放置していた人間関係だったから、あまりノリ気じゃなかった。ホントのことをいうと、前日から胃が痛くてしょうがなかった。自分はかなり小心者なのだろう。

でも、会ってみたら、なんてことない。みんなほとんど変わらなくて、ちょっと安心した。高校時代のどーでもいい、アホな会話が、とても心地よかった。

話しているうちに、なんてことのないことや、ちょっと恥ずかしいことや、まったくもってバカなこと、怒りを覚えるくらい悔しいこと。

覚えているようで、ところどころ記憶の引き出しから欠落していることに気づいた。当事者よりもむしろ他人のほうが覚えていた。やっぱり人間、都合の悪いことは忘れていくんだろうか。

・・・記憶が、こうやって風化していく思うと、ちょぴり悲しいかな。

全国で頑張っている皆さんには、僕も負けられないですね。新た思いで、来年は頑張れそうです。

とにかく、企画をしてくれたM浦氏には感謝です。

徳永英明『未来飛行』

きっと負けない [日々思うところ]

形ばかりはじけて遊びまわっても、なんだか虚しい。一番の問いは、僕はなんでここにいるのだろう??

クソッタレなウンコな日々。負け続けた日々。そして、これからも続くと思われる敗走・・・。

でも、まだ死にたくない。負けたくない。

昔聞いていた歌は、今も聞いている歌だから。きっとこれからも・・・。


http://www.youtube.com/watch?v=cfxYf8qvIPw

You again ? [日々思うところ]


ゆらゆらとゆれる情景。

時間の経過によって稀釈になったプロフィール。それなりに意味があった気もするし、特に意味のない気もする。

特撮のクライマックスに、一度倒された怪人が復活するストーリーだった。僕の心に、復活した怪人たちが次々に現れた。30分間を使って倒したはずの怪人が、ザコキャラのように倒されていく。結局倒せなかった怪人も、今となってはクズ同然であった。

夢の中で、記憶のおさらいをしていた僕は、「ああ、そうだったんだ。」と、目覚めた瞬間につぶやいた。

怠惰な僕は、無意識のうちに同じようなことばかりしていた。新しいことを放棄し、馴染みのある問題だけを扱っていた。過去の記憶だけを愛でて、現実に光を当てなかった。

日々くりかえすデジャブの意味がやっと分かった。僕は、無意識のうちに仕組まれたワナに、自ら閉じこもっていたのだ。

早くこの殻を破りたい!僕の信奉していたものは、すべてショボイものだったんだ・・・・そう思いたい。そうであるべきだ。

the Best of Glow [日々思うところ]

おかげさまで25歳になりました。

これからどうなるか?果たして50歳まで生きていけるか?この国はあるか?未来に絶望しているか?

そういう数々の疑念は残りますが、私は生きていくし、頑張って楽しいことをしていくしかなのでしょう。

sayktudo3.jpg

o0800060010830727932.jpg

12ポンドオーバー.JPG
前の10件 | - 日々思うところ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。