So-net無料ブログ作成
検索選択

研究室を出よう [ブラックバス]

どんな製品でもそうだが、アメリカの発想の自由さや独創性は、日本のそれと比べ物にならない。

確かに、精密製や均一性は、メイドインジャパンにかなわない。私もロッドやリールなどのタックルは、日本製のみを使用している。しかし、ことルアーは、かならずしもそうではない。

外国の発想を取り入れ、日本人がブラッシュアップするという流れは、21世紀も変わらないでのはないだろうか。一方、内向きの研究開発の生み出した技術が、世界で通用しない―ガラパゴス化―。

ようは、日本人はオタクなのである。今、日本人にたりないのは、バランス感覚である。

How To Fish River2sea Dahlberg Diver Frog


ついでに、
Trophy Bass Leaping Attack on FROG Lure


フロッグのシーズンが来ますね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。